鶴沢接骨院 〒263-0003 千葉市中央区鶴沢町5-3 Tel.043-308-0365
鶴沢接骨院 〒263-0003 千葉市中央区鶴沢町5-3 Tel.043-308-0365
仕事の中で、暮らしの中で季節の中で、私が気が付いたこと感じたこと、また鶴沢接骨院からのお知らせなど気ままに情報発信してみたいと思います。
どうぞお気軽にご覧下さい。
鶴沢接骨院 院 長 香山大樹
NEWS
●写真によってはクリックしていただくと大きな画面で見ることができます。
[141] 9月5日
こんにちは(*^_^*)
今週は立田が配信です!
お体の調子はいかがでしょうか?

今回はお知らせです!

段々と寒い季節になってきましたが、背中が丸くなってしまう時期にぴったりなアイツ(^^)/!

待っていた方もいるかと思います!

やってきますよー!

詳細は吉岡先生にバトンタッチで\(^o^)/

ではでは、よい週末を(^^)/


鶴沢接骨院スタッフ 立田早恵

[140] 8月30日
こんにちは。

最近パーマネントをかけ、髪がウネウネしている橋場が書きます。

今回は偏平足についてです。

偏平足は足のアーチといわれるショック吸収機構がなくなり、足の裏の土ふまずがなくなってしまうことです。

扁平足=土ふまずの消失

という事はご存じの方も多いと思います。
では、なぜ土ふまずがなくなってしまうのか?

それは足関節のオーバープロネーション(過回内足)が大きく関係します。
オーバープロネーションとは後ろか見たとき踵が内側に倒れてしまっている状態のことです。
オーバープロネーションの逆もありオーバーサピネーション(過回外足)といいます。

オーバープロネーションになると体重が極端に足の親指側にのります。

そうすることで足の内側アーチがつぶれ、偏平足になってしまいます。

扁平足になると、外反母趾や足裏の痛み、タコの原因になったりします。

このようにオーバープロネーションになるといろいろな障害が二次的に生じます。

オーバープロネーションにはリハビリ、足底板などで症状を改善することができます。

もし、扁平足、外反母趾でお困りであれば改善、治療することができますので声をかけて」くださいね!!

橋場 啓

[139] 8月23日
おはようございます。

お盆も過ぎましたが、まだまだ暑い日が続いていますが体調の方はいかがでしょうか?

今回は東洋医学の腰痛の種類と症状についてお話します。

東洋医学の腰痛では主に4種類に分けられます、これからその4種類について説明していきます。

○寒湿腰痛
腰が痛く&H44冷えて重い感じ&H44だんだん酷くなりつつあり&H44腰の動きが悪く横になると酷くなり&H44雨の日&H44或いは冷えると酷くなる&H44暖めて楽になる腰痛。
腎兪や陰陵泉が効果がある。ネギ、生姜、唐辛子などの食べ物で予防ができる。

○湿熱腰痛
腰が熱っぽく痛い,重く感じ,長く座ると酷く鳴る,動いたら楽,雨の日或いは温めると酷くなる腰痛。陰陵泉、合谷が効果がある、ハッカやミントなどの食べ物で予防ができる。

○お血腰痛
腰痛(夜間痛,固定痛,刺痛),振動痛(ex咳,クシャミ,叩打痛)&H44 押すと酷く&H44温めても冷やしても楽にならない&H44病が長引く腰痛。三陰交、委中が効果がある。イカ、落花生、レバーなどの食べ物で予防ができる。

○腎虚腰痛
腰がだるくて力が入らない,腰の痛みはいつもなんとなくチクチク痛む,痛みは激しくない,いつも痛い,押すと楽,休むと楽,疲れると酷くなる腰痛。太渓、腎兪が効果があり、山芋、めかぶ、わかめなどの食べ物で予防ができる。

腰痛にもいろいろな種類があるので皆さんも自分が
当てはまるものを見つけてセルフケアをしっかり
していきましょう。

その他、何かわからない事がありましたらお気軽に聞いてください。

鶴沢接骨院スタッフ 吉岡 佑

[138] 8月8日
こんにちは(*^_^*)

毎日毎日、暑い日が続いていますが、体調はどうでしょうか(゜゜)?
こう暑いと、何もしなくても体力が奪われてしまいますよね。
と、言いつつ、1日接骨院の中にいて、もやしみたいな生活の立田がお送りしますm(__)m

今週は、寝違えについてお話します。

寝違えとは、教科書的に言うと、頚椎や肩甲骨の運動制限がある状態のことを言います。
基本的には頚椎部や肩甲骨の損傷や痛み、制限、その周りの背中や首回りの筋肉の損傷や痛み、制限のことをいい、寝て起きて痛くなったから寝違えと言われています。

上記の痛みが出たとして、起きた時以外で痛めたとしたら、起き違えなんて言えるのかもしれませんが、実際、首や肩甲骨周りで起こっていること自体は、ほぼほぼ変わりはありません。


寝違えてしまう原因として、寝る姿勢が悪い、姿勢が悪いと負担がかかるところが偏り、その影響で筋肉がずっと力が入って固くなり、関節を絞めてしまいます。
あと、この暑い時期気をつけないといけないのは、冷房の冷えです!

冷えてしまうと、血液循環が悪くなり、筋肉が固くなってしまいます。
固くなった筋肉は動きづらくなり、関節を絞めてしまいます。

私が生まれて初めて寝違えたとき、丁度3年くらい前だったかと思いますが、色々と治療してもらって、動きは良くなったけど、痛みが取れず、最後に行き着いたのは『お灸』の治療でした。
見える範囲は広がっても、筋肉の突っ張りや痛みが残り、結果、それは冷えが原因でした。

痛くなってしまったとき、寝違えに限らず、最初の2日程は炎症期で熱を持ったり、腫れたりがほとんどなので、最初はアイシングすることが大事です。
が、原因はまた違うもの、違うところにあることもあるので、例えば、私みたいに原因は冷えだったりします。

身体をしっかり治すために、しっかり根本を治して、怪我の起こりにくい身体に変えることが大事です。

些細なことでも、気になることなどあれば、気軽にスタッフまで言ってくださいね。


8月の診療に関しましてお知らせです。

お盆休みのお問い合わせがありますが、スタッフが交換でお休みをいただくので、院のお休みはありません。
カレンダー通りの診療になります。
スタッフの不在日に関しましては、お電話等でお聞きください。

よろしくお願いいたします。

ではでは、よい週末を(^^)/


鶴沢接骨院スタッフ 立田早恵(^^♪


[137] 8月1日
こんにちは!!
先週の日曜日に海に行き。日焼けでひと皮剥けた橋場がかきます。

今回は包帯パート2です。
包帯には基本的な巻き方があります。

1.環溝行帯
包帯の巻き始め、巻き終わりは必ずこの巻き方です。

2.ラセン帯
包帯を巻く対象の太さにあまり変化が無いところでつかいます。

3.蛇行帯
包帯を巻く対象の太さが変化するところ(足首からふくらはぎ等)につかいます。

4.麦穂帯
包帯が8の時をかく巻き方で、足首、下腿、前腕といろいろつかいます。

5.亀甲帯
肘や膝等の曲げ伸ばしするところでつかいます。

包帯を巻く時はこの5つの巻き方で必ず巻きます。

なので怪我をして包帯で固定する機会があれば僕達が包帯を巻くのをみてみると面白いですよ!

それではさようなら。
よい休日をお過ごしください!

…怪我をした際はすぐきてくださいね!!

<<< 前ページ 15 16 17 18 19 20


Home
■鶴沢接骨院  香山院長挨拶・案内図 | 業務案内・施術日 | 自由診療 | スタッフ紹介 | NEWS | 求人案内 | 問い合わせ
■ちば中央接骨院  浅野院長挨拶・案内図 | 業務案内・施術日 | 自由診療 | スタッフ紹介 | NEWS | 求人案内 | 問い合わせ